脊柱管狭窄症を改善するには、運動がいいといわれています。 これは、運動をすることで血液の流れが良くなったり、下肢や腰椎周辺の筋肉を強化することができるからです。 そのため、脊柱管狭窄症に悩まされている人は、体を動かすようにしてください。 しかし、激しい運動をすると、逆に症状を悪化させてしまうので注意しましょう。 脊柱管狭窄症の改善に有効だといわれているのが、ウォーキングです。 ウォーキングであれば体への負担が少なく、症状を悪化させる可能性が低いので、安全に続けることができます。 また、有酸素運動ですから脂肪燃焼効果もあり、肥満の予防にもってこいです。 ただ、過度なウォーキングをすると、狭窄部に炎症を起こす可能性があるので気をつけてください。 無理なく続けるためにも、1日30分〜1時間くらいを目安にしましょう。 このくらいの時間であれば、気軽に毎日続けることができるはずです。 そして、歩いている間は、「背筋を伸ばす」「かかとから着地する」「しっかりと呼吸をする」の3点を意識してください。